エクイティスワップと株価変動

株式によって得られるさまざまな収益と、金利による収益などを主として、それをお互いに交換する事によってリスクの回避などを目的とした相対取引をエクイティスワップ取引と呼んでいます。

このエクイティスワップ取引においては、交換する原資産から生み出される現金の流れであるキャッシュフローを取り換えることにより、さまざまなメリットを生み出すことを目的としています。

エクイティスワップ取引ではエクイティ、つまり株式にかかわる資産などの交換を行うために、その交換を行う原資産の片方か、あるいは両方がエクイティになっていることが大きな特徴となっています。
こうした事により、このエクイティスワップ取引では株価の変動というものが、その取引においては大きな要素を含むものとなっているのです。

株価の変動が起こる要因にはいろいろな事が考えられますが、それによって引き起こされ影響によって発生するリスクや利益の可能性などを回避したり、効率的に得たりすることを目的としてエクイティスワップ取引は利用されることになります。

例えば、投資家と証券会社との間でのエクイティスワップ取引を考えた場合には、投資家が金利による利益を証券会社へ向けて支払い、証券会社が株式による収益を投資家に向けて支払うレシーバータイプのエクイティスワップ取引と、投資家側が株式による収益を証券会社へ向けて支払い、証券会社が金利による利益を投資家に向けて支払うぺイヤータイプというエクイティスワップ取引という二つの種類の取引の方向性が考えられます。

レシーバータイプのエクイティスワップ取引では、証券会社に対して金利を支払うことによって、株式による収益を手に入れる事ができますので、例えば手持ちに株式を購入するような資金がない場合で、株価の上昇がみられる市場の動きになった場合には、手持ちの金利の利益と株価の収益を証券会社と交換することによって、その株価の上昇の利益を手にすることが可能となります。

また、ぺイヤータイプのエクイティスワップ取引では、証券会社に対して株式の収益を渡すことによって、金利を受ける事ができますので、例えば株価変動が大きく低迷したり、乱高下が起こるような不安定な状況になりそうであれば、手持ちの株式を証券会社の金利と交換することによって、例えば手持ちの株銘柄が大きく下落することによって発生する損失などを回避し、金利を受ける事ができるようになるのです。

このように、エクイティスワップの取引では、株式によって得られる収益などを交換することを目的としたスワップ取引になりますので、株価変動によって得られる利益や被るリスクをコントロールすることが可能になります。