エクイティスワップのデメリット

エクイティスワップ取引は、原資産から派生した取引を行うデリバティブ取引になり、さまざまなもの交換を行うスワップ取引の種類の一つになります。

このエクイティスワップ取引では、交換するものの一つが必ずエクイティ、株式に係るものになることが最大の特徴となっており、株式の投資などによって得られるその収益と、そのほかの収益を交換する形がとられますが、最もよく利用されるものが金利の利益との交換になります。

こうしたエクイティスワップ取引は、株銘柄を保有している投資家などがその保有銘柄に対し、株式市場での相場の変動などによって値が下がってしまうというリスクを回避するために行われる取引になります。

このエクイティスワップ取引は、証券会社との間で一対一で行う相対取引であり、いわゆる店頭取引になるために、その取引の相手は基本的には証券会社になり、株式市場などにこうした株式銘柄の売却などを行いわないものになります。

このような店頭取引を行うことにより、自分の持っている株銘柄と金利などとを交換することにより、その株銘柄から発生する利益を証券会社に渡すことになり、その代わりにその金利から得られる利益を自らのものとすることが可能になるのです。

こうした事によって、例えば株銘柄の相場が下がってきたからといってこれを売却するようなことをしたくなかったり、株式の資産を持っているがその資産を固定的ではなく、流動性の高いものとして扱いたい時などに、エクイティスワップ取引が利用されることになります。

また実際に手持ちの株銘柄に対してリスク回避のために、売買取引を行ってこれを解消したり、また先物取引やオプション取引を利用して、株銘柄の損失のリスクに対しての回避行動をとるよりも、エクイティスワップ取引を利用したほうが、手間やコストがかからないでリスク回避が行えるとされています。

このように、株式取引や株銘柄によって資産運用や投資取引を行っている場合であれば、非常に有効性の高いメリットの大きなデリバティブ取引になりますが、このエクイティスワップ取引にもメリットがあります。

それは、証券会社との間の相対取引になっており、その設定の条件にはさまざまな違いがありますが、多くの場合は契約期間が一年単位となっていること多くなっており、株式市場の動向や、金融市場の状況などが急激に変わった場合には、このエクイティスワップ取引の解除などが行いにくく、逆に利益を受けるタイミングを失ってしまう可能性もあるのです。