デットエクイティスワップ

デットエクイティスワップとは、 DES(ディーエーエス、デス/Debt Equity Swap)とも呼ばれているものであり、日本語では、債券の株式化などと呼ばれるもので、株式であるエクイティと債務であるデットをスワップ、交換す取引の事を指した言葉になります。

このデットエクイティスワップが行われる状況は、多くの場合は経営不振や過剰債務などによって企業の経営状態が著しく悪化した場合などに利用されるものとなっています。
デットエクイティスワップでよく行われる方式は、資金の融資などを行い企業に対して債券を持っている銀行などの金融機関が、その返済を債務の代わりの株式で受ける事によって、その企業の経営権を得ることになるものになります。

また、銀行などの債権者が金銭の出資を行って株式を取得し、その出資を利用して細部の面債を受ける手法によっても利子のある負債を削減することができ、こうしたものを疑似的なデットエクイティスワップと呼ぶこともあります。

このように債務と株式を交換することによって、これまでは銀行などの金融機関は、融資を行った企業などが債務超過になってしまった場合などでは、その企業の経営を助けるために行う救済策としては、銀行などは債権放棄を行うことがほとんどでした。

しかし、この債権放棄を行うことによって銀行側としては大きなダメージを負うことになり、融資を行った資産を、その回収を放棄するという事になるために金融機関の内部の資産が減ることになってしまうのです。

ところがこのデットエクイティスワップを行い、債務と株式を交換することが行えれば、金融機関側は融資した資金は戻ってこないことにはなりますが、その分として融資先の企業の株式が手に入るために、銀行内の資産が減ってしまう事はないため、債権放棄よりは比較的行いやすい方法と言えるでしょう。

また、この企業が将来的に経営を立て直すなどして大きな業績を出したり、例えば株式市場に上昇するなどの事が分かったのであれば、その株価を有することによって大きな利益を得る事が可能になるのです。

これに対して、デットエクイティスワップを行う側の企業のメリットとしては、やはり一番に融資を受けた資金に対し、その返済を免れる事ができるという事にあるでしょう。
これによって、決算書などに記入を行う際には、返済義務のある借金がヘリ、偏差をしなくてよい資本が増えることになるために、貸借対照表であるバランスシート上での企業の自己資本比率も改善することになり、これによって、取引先などが企業の経営の状態を調べた場合においても、良い印象を与える事ができるようになるのです。