エクイティスワップ

エクイティとは株価の事を言い、この株価とそのほかの金融などを交換、つまりスワップする取引を指した取引の事を総称した言葉になります。

株価とは、株式によって発見された株券の取引されている価格の事をいい、この株券とは企業がその事業や経営を行うために資金の資金の提供を募るためにその発行を行うものになります。

企業が発行する株券を購入することにより、その購入者である投資家などは、その企業の株主となり、間接的に経営や雲煙に対して参加をすることができるようになり、また企業が業績を上げて利益を出した場合には、そこから配当金を得る事ができる権利を有することになります。

このような株券は、有価証券として証券会社などで購入することができ、また証券会社を仲介することによって、証券取引所で行われている株式市場を利用して売買取引を行うこともできます。


こうした株式の仕組みによって発行される株券の事を、株、株式などと呼んでおり、また市場で売買取引されている株を株銘柄、またその株銘柄に対しての市場取引が行われ、その需要と供給のバランスによって変動していくものが株価、つまりエクイティという事になるのです。

こうしたエクイティスワップにはさまざまな種類がありますが、エクイティの側に株式の何を利用するのかによって大まかに三つの種類が存在しています。
このエクイティ側に、個別の企業の株銘柄を利用してそのスワップの対象にしている場合には、個別株スワップと呼ばれます。
また、複数の株銘柄をまとめたものをエクイティ側に利用している場合には、バスケットスワップと呼ばれることになります。

更に、さまざまな種類の株銘柄が一斉に売買取引されている株式市場において、その市場全体の値動きを総合的に判断してとらえるための表示として利用され、株式市場の全体の株価の水準を表す株価指数を対象としているインデックススワップというものもあり、それぞれに使い分けられて利用がされています。

こうしたエクイティスワップは、原資産の取引から派生したものとなっており金融派生商品であるデリバティブ取引の区分になり、多くの場合には、ここからの利益を求めるというよりも、株式相場や株価などの変動のリスクを回避したり軽減するために利用されることが多くなっています。

例えばインデックススワップの場合では、株価指数の変動率と変動金利を交換することによって、その株価指数の変動によって発生するリスクを金利の変動に置き換えることで代替させてリスクを回避することが可能となるのです。